eruka. はかく語りき

音楽と料理と私と時々猫について

【ライブレポ/日記】横須賀fuckyeahとかチェスターとか。

どっちから話をしようか考える。

 

 

どうしても同時進行に話はできないし書けないからね。

 

 

でも先に言えるのは、

昨日の私は朝から心が真っ暗闇の底無し沼に放り投げられた気分でした。

 

 

 

来てくださりありがとうございます

 

 

こんにちは eruka.です。

 

 

 

 まぁまずはEXTRA PLANTSのライブの話から。

 

 

久しぶりの横須賀です。

 

 

ライブは一度だけ、横須賀中央のタリーズコーヒーにあるステージフロアでアコライブをやった経験はあるんだけど、ライブハウスは初めてでした。

 

 

f:id:elle1217:20170722120029j:image

 

私の元職場の真裏にあった横須賀fuck yeah !

 

 

アメリカからツアーで来ていたバンドが2組来てたんだけどさ、

どうやら成田空港に着いてその足で横須賀でライブだったみたい。

 

タフだね。いいね。

絶対しんどいし自分には無理だけど。

逆にアドレナリン出るのかな?

 

 

その前にMule Teamを観ました。

f:id:elle1217:20170722115723j:image

 

めちゃくちゃ良い音楽だった。

 

 

私そもそも自分が聞くエレクトロミュージックでさえジャンルとかいまいち分からんもので、

パンクに至ってももちろん分からないんだけど、てか彼らはパンクじゃないのかなと思ってるんだけど(違ったらごめんなさい。たわ言と受け流して・・・)

 

体が動いちゃうようなノリがとっても好きでした。ほんとに。

 

そしてツアー勢のWhite NightとLenguas Largas。
f:id:elle1217:20170722115733j:image


f:id:elle1217:20170722115743j:image

 

とにかくテンションがアメリカ。どこかに必ずあるピースフルがいいです。

 

 

 

我々の写真はないっす。

 

 

ちなみにお客さんたち多分ネイビーばっかりだったのね、

曲が終わる毎にみんなが

「イエェェェァァアア!!!」って盛り上がってくれてて

 

 

うん。

 

 

すげーよアメリカ。

 

 

彼らに酒を奢ってもらい、レコードをもらい(ハードない)、CDをもらい、カセットテープをもらい(ハードない)、

 

 

何しに来たんだと言わんばかりのお土産たくさんなライブでした。

 

 

あと私もこのライブ、EXTRA PLANTS入って2回目だったんだけど前よりも楽しかった。だし、馴染んできたかなと思う。

 

 

パフォーマンス後の疲労感的にそう思った。

 

 

しばらくライブも続くし、8月20日はeruka. sing delicoでカバーライブもやるので、

いつでも好きなときに時間空けて観にきてね。

 

 

⊿ライブ⊿


7月29日西荻窪flat / EXTRA PLANTS
8月1日下北沢THREE / EXTRA PLANTS
8月20日新宿FNV / eruka. sing delico(15:30~)
8月25日鶯谷Whatsup / EXTRA PLANTS 

 

予約、詳細はeruka. juornalから受付中↓

http://erukajournal.wixsite.com/eruka-journal/live

 

 

 

ということで。

もう一つの話。

 

 

 

 

 

7月20日の朝、LINKIN PARKのフロントマン、チェスターが首を吊って自殺しました。

 

 

 

私はちょうど出勤中の駅のホームでそのニュースを読んでね、

 

 

 

一瞬で腕に鳥肌が立った。

人前なのに、眼球に力が入って下瞼は震えて、頭の中で情景を思い浮かべた。

 

 

 

自分が話したこともない、最早自分の存在さえ彼には認知されてないといった位置に立つ人の死を前にして、

 

 

 

池袋駅のホームで電車待ってるただの女が泣きそうなのを堪えてる状態です。

 

 

 

LINKIN PARKは私の高校時代を特に支えてくれたバンドです。

音楽はすごいんだ、歌はこんなにキレイなんだ、なんてカッコいいんだ、意地悪されてもそんな人に負けちゃいけないんだ、自分がかっこ悪くても別にいいんだ。

弱い自分と強い自分はちゃんと共存できて、

どんな時も誰に対しても、行動や思想の一番根幹にあるのは愛なんだ。

 

 

 

いざこうやって活字に書くとやっぱり涙が出てくる。

 

 

何度もライブ観に行きました。

10年以上聴き続けてきました。

ももう新しい物を創造する事も、それを世界中の人にギフトを贈ることも。

 

 

もう彼はこの世にいないからできない。

 

 

何を感じて生きてきたのか私なんかに到底分かりません。

生きるのがもう十分になってしまった気持ちを理解する事もできない。

 

 

ただただあんなに輝いていて、音楽で感じる脆さとか強さとか、世界に愛や希望をくれた人が、朝起きたらもう死んでいたというのが呆気なくて、

 

 

やっぱり寂しかった。

 

 

もう一生見れない。

 

 

唯一音楽やっててよかったなと思う。

大したことないちっぽけな共通点だけど、

同じ歌を歌うポジションとして、勝手ながら私は今までチェスターを見て沢山の事を感じて、学んできたから、

 

 

彼の気持ちを受け取るなんて事は考えてない。もちろん。

 

 

自分の心ん中で偉大な存在として、

チェスターは前と変わらず輝きながら居つづけるんだと思います。

 

 

 

すごく寂しいよ、ありがとう。

 

 

 

eruka.