読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eruka. はかく語りき

音楽と料理と私と時々猫について

【日記】思い出の美化はできるか否か


f:id:elle1217:20170213121738j:image

 

 

このロゴ、ステッカーにもなってるんだけど絶妙に今の髪型と違うというか。

青エリアが違うんですよ。(青エリアて)

 

 

以前の私はインナーカラーでピンクにしていたし髪はショートかボブだったのは、昔をご存知な方なら周知の事実なんですが、元々髪型はころころ変えちゃいがちな性分なもんで、少しカメラロールとか見返すといつも違うし、その分その時の記憶がすごく分かりやすく甦るものです。

 

 

来てくださりありがとうございます。

 

 

こんにちは eruka.です。

 

 

「あぁ、この時ってすごい風邪引いて声出なくなった時だなー」とか、

 

 

「あぁ、あの頃はすぐに迷子になるような子だったなー」とか(どこまで遡るーー!)、

 

 

いずれにせよ大概昔の記憶ってものは、今になると美化しやすい傾向ですよね。

 

 

 

けれどもやっぱり嫌な記憶ってどこかでしっかり残っていて、トラウマまでいかないにしろ多少なりとも現在の自分に影響されているわけです。

 

例えば私なら、昔いじめられた事があるからか誰かの悪口とか言う人達のコミュニティには一瞬で一歩引いてしまうし、

 

小さい頃に親と遊びに行ったゲームセンターでパックマンの着ぐるみに追いかけられ(恐らく良かれと思って駆け足で近づいてきただけ)、そのせいか今でも着ぐるみとかゆるキャラとかいるだけで怖かったりもするんです。

 

 

大人になってからの方がまだ色んな角度で物事を見れるから、自分にとってギリ許容できたり、相手の立場で考えれるよう俯瞰したりできるようになってるものの、

 

でもやっぱり。嫌な思い出は「そんな事もあったよね」が限界なんだと思います。

 

それ以上にも見れず、せめてそれ以下にならないよう未練や思い入れは切る。

 

 

それは子供っぽいのか、大人になった故なのか。

 

 

少なくとも【繰り返したくない】、と思った先の行動が自分の意思で行えるようになったのは大人になったおかげだなと思うのです。

 

 

 

そんな訳で、


f:id:elle1217:20170213165459j:image

 

eruka. logoステッカー 2016ver

売ってますよ。

 

 

25日には買ってね💙

 

 

 

eruka.