読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eruka. はかく語りき

音楽と料理と私と時々猫について

珈琲ショパン【淡路町*喫茶店】

美味しいお店(東京)

目的地に着けばまずはお茶だし、

 

 

用事が終わったらひとまずお茶。

 

 

 

 

来てくださりありがとうございます

 

 

 

こんにちは eruka.です。

 

 

 

 

 

偏ったジャンルばかりではありますが、見てくれる希少な方もいらっしゃるので、これからも自由きままにあげていきますよ!

 

 

 

という訳で今回は喫茶店。

 

 

 

懐かしいようでかつて食べたことのないような贅沢なやつ。

 

 

それはここにあります。

 

 

 

 

珈琲ショパン
f:id:elle1217:20161001214736j:image

 

ショパン(地図/写真/神田/カフェ) - ぐるなび

 

今回はJR秋葉原駅から歩いて行きました。

万世橋を渡り徒歩5分くらい?

 

 

もちろん淡路町駅や神田駅からもすぐです。

 

 

1933年創業という事で80年以上営業している喫茶店。

 


f:id:elle1217:20161001215742j:image

雰囲気が最高です。店内は古さもありつつ赤いソファ席が印象的で、まるで全ての秩序が保たれているような静かな空間。

 

 

とってもトラディショナルなこちらのお店でダントツ人気なのが、「アンプレス」というホットサンド!

 

 

「1グループにつきアンプレスは1つ」というルールがあるので、4人とかで行くとき奪い合いになります。少ない方がいいと思う。

 

 

今回はアイスコーヒーとアンプレスを注文をし、ほどなくしてアイスコーヒーがやってきました。

 

 

酸味が強めのアイスコーヒーでボディはそこまで深くないです。

 

 

きりっ!っとしてます。きりっ!酸味!って感じ。

 

 

私は苦い方が好きなのでちょっと苦手だけど。笑

 

 

飲んでいると徐々に店内にはバターの良い香りが立ちこめてきて、

「あぁー この香りは私の為に作られてるのだなぁ」とか思いながら待つ事10分。

 

 

 

もうこの香りだけで心が高まるわ。

 

 

 

そうしてついにやってきました「アンプレス」がこちらです!


f:id:elle1217:20161001220255j:image

アンプレス

 

通常より小さいサイズの食パンにつぶ餡がぎっしりとサンドされ、バター染み染みのままプレスされているホットサンド。

 

 

それがアンプレス。

 

 

食パン、バター、あんこというベーシックな食べ物ながらもこのお店のアンプレスが一際美味しい理由は、

 



 

こんがり金色に染まっているバター。

 

 

断面を見てもらうと分かる?全ての範囲にめっちゃ染み込んでるんだ。

 


f:id:elle1217:20161001220942j:image

 

フレンチトーストみたいな色合いだけど、ふわっととろっとしてるわけではなく、

 

 

外側は香ばしくかりっとしていて、中はすっごくしっとり。

 

 

極端に言えばどっしりしたどら焼きみたいなしっとり感。密度がしっかり。

 

 

そして塩気とつぶ餡の甘さが絶妙で、こんなにあんこたっぷりなのに一切甘ったるく思わなかったです。

むしろ丁度良いくらい。

 

 

某メーカーのコッペパン【つぶあん&マーガリン】に昔ハマって食べまくっていた時を思い出しつつ(よくそれを手でプレスしてトースターで焼いてた)、それの超高級verがこれなんだなーと。笑

 

 

 

パンの耳までもバターがしっかり入っててさくさくして味も濃くってほんとおいしい!

 

 

先述のとおり小さめサイズなのでほんとあっという間になくなります。

 
f:id:elle1217:20161002214430j:image

 

 

あと一切れが名残惜しい…………

 

 

 

家で食べれそうで食べれない、本気の小倉トースト

 

 

ほんとおすすめ!

 

 

 

eruka.

 

r.gnavi.co.jp