読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eruka. はかく語りき

音楽と料理と私と時々猫について

みかわ 是山居【門前仲町*天ぷら】

天ぷらっていつ食べても心踊るー (至福)

 
f:id:elle1217:20160901183440j:image

来てくださりありがとうございます

 

 

こんにちは eruka.です。

 

 

以前こちらのお店をテレビで観てからというもの頭から離れなかった「みかわ 是山居」についに行ってまいりましたー!

 

 

あの有名な、当代屈指と謳われてらっしゃるおじさまの揚げる天ぷらを食べに行くとなればもう!

今までの記憶の天ぷらとどんな風に違うのか、期待値がどんどん上がるのもしょうがない話。

 

 

ちなみになんですけど最近食べた天ぷらの記憶は先月スーパーで買ったものです、

 

 

そうめんの揺るぎないお供として、

おつゆに天ぷらばっしゃばしゃつけて、

衣ふにゃあってさせながらいただきました。

 

 

あれ、旨いよね。

たっぷりつゆを染み込んだ天ぷら良いよね。

 

 

しかし今回は背伸びして違う世界。

 

 

 

みかわ 是山居
f:id:elle1217:20160828210107j:image

みかわ是山居 (ぜざんきょ) - 門前仲町/天ぷら [食べログ]

 

門前仲町駅から徒歩10分ほどの住宅街の中にひっそりとあるお店。

Googleマップウォーキング推奨。

 

予約の少し前にお店に着くと3階の部屋に通され時間まで待つのですが、まるでアートギャラリーのように美術品がところ狭しと展示していて、それでいてどこかのお家にいるようなちょっと懐かしい気分にさせる不思議な空間でした。

 

そしてほどなく案内され、10席ほどしかない1階のカウンター席へGO。

 

今回は早乙女さんの作業が良く見える席だったので、その時点で私とっても贅沢でした。

 

 

 

注文したのは「おまかせ」。

 

 

 

お品書きが書いてある紙を渡されます。

f:id:elle1217:20160828210522j:image


f:id:elle1217:20160828210529j:image

食事なんですけどまるで科学のような、それでいてとても力強くて、更に期待値上がります。(今から芝居を観るみたい。)

 

 

ともあれ記載通り間髪入れず食べていきます!

 

 

写真はコース内の一部です。

 

 

総じて驚いたのは、衣と食材の仕上がり。

 


f:id:elle1217:20160828210138j:image

 

車えびの身はまろやかな甘さで衣が空気のように軽くて、


f:id:elle1217:20160828210206j:image

 

そして頭の部分は香ばしく味も濃く、


f:id:elle1217:20160828210312j:image

 

キスはハリがありふっくらとしていて、


f:id:elle1217:20160828210216j:image

 

松茸はジューシーで身が分厚い。


f:id:elle1217:20160828210226j:image

 

穴子を提供され、真ん中をサクッと切ってもらった瞬間、

 

立ち上がった湯気のエンタメ感たるや!

そして実際に食べた際のコク深い味には鳥肌立ちました。

 

 

穴子ーーーーーー!!!!!

って叫びたかったわ。

 


f:id:elle1217:20160828210238j:image

 

〆は貝柱の天茶かかきあげ丼。今回はかきあげ丼を選択。

 

 

正直全種類撮ってる場合じゃないくらいの品数と美味しさ。

 

 

 一つ一つの素材によって、密着している衣が空気のように軽かったり、香ばしかったり、

食材に応じて衣の存在を感じさせないようなものもあれば、しっかりと茶色く色づいてる程のものもあり、

 

 

そしてどれも食材の中心までコントロールしている結果と言わんばかりに、それぞれの旨みが食べる度に舌に感じて、

技とかタイミングとか感性とかもう良く分からない、全てがすごくて、脳内キャパオーバー。

 

 

揚げてる度に私は彼の作業を見ながら目が爛々としていました。

 

 

写真の他にも雲丹やイカやメゴチ、ミョウガ、野菜(椎茸、アスパラ、茄子、さつまいも、獅子唐から2種類をチョイス)が提供されたんだけど、

 

 

その雲丹の大葉巻きはサクッとした大葉の中に挟まれた雲丹がレアのソースみたいにとろけていて、あと10個はイケる。

 

 

もうほんっとうに、ほんっとうに美味しかったし、「食」っていうのは素晴らしいエンターテイメントであり繊細な芸術なんだなって改めて感じさせる時間でした。

 

 

今度は冬に行ってみたい!

 

 

皆様もぜひ。

 

tabelog.com

 

 

 eruka.